1984年の日経平均株価1万円突破し、バブル景気開始です!

株・FX
株・FX日経平均株価

1984年(昭和59年)の日経平均株価です。この年、すでにバブリーな感じです。

日経平均株価

年初に9927.11円、年末に11542.6円(+1615.49円、+16.27%)。安値は 9703.35 円、高値は 11577.44 円をつけています。

大きな値動き

大きな値動きは5月14日に前日比-270.53円(-2.50%)の下落、5月17日に前日比-279.34円(-2.63%)の下落、 5月18日に 前日比-213.63円(-2.07%)の下落しました。
約1週間で-436.46円(-4.13%)の下落が起きましたが、理由は確認できませんでした。
しかし、5月9日にグリコ製品に毒物を混入したとされる脅迫状が報道機関に送られています。(グリコ森永事件)これが何らかの影響があったのでしょうか。

主な出来事

社会

この年は、エリマキトカゲがブームとなり、グリコ森永事件、ロス疑惑あり、12月7日には、バブルの象徴である高級ディスコブームの先駆けとなるマハラジャ麻布十番店がオープンしています。

また1月24日には米アップルコンピュータがMacintoshを発表しています。

経済

1月9日には日経平均株価が初めて10,000円の大台を突破しています。

政治

10月30日に中曽根康弘が無投票で再選し、翌日の株価は11,169.56円(前日比-83.42円、-0.74%)をつけています。

1984年 日経平均株価推移