買いシグナル④-『逆三尊型(トリプルボトム)』

買いシグナル
買いシグナル株・FXアノマリー日経平均株価

 逆三尊型(ぎゃくさんそんがた)とは、下落してる株価が安値①を付けた後にいったん反発し②、そこから再び下落し1回目の安値①より下落し③,、その後反発④し、三たび下落するが最初の安値①を下回らずに反発⑤したのち、ネックラインを上回るチャートの形です。

 この逆三尊型(トリプルボトム)は、3つのボトム(谷)で形成される「底入れ上昇」を示し、安値圏で現れると明確な大底圏を示し、出来高をともなってネックラインを越える買いシグナルとなります。

 これとは逆に3つのトップ(山)で形成されるチャートが「三尊(トリプルトップ)」です。こちらは株価の「天井からの下落」を示す売りシグナルとなります。