スマートフォンとタブレットの出荷台数とシェア

スマホ・PC
スマホ・PC

スマートフォンもだいぶ大きくなってきて、タブレット代わりになりそうですよね。でも、スマホで動画とか見てたら、タブレットも欲しくなりませんか。

でも、単純に動画を見るためだけに、タブレットを購入するのは抵抗ありますよね。
でも、タブレットも売れていると思うので、出荷台数やシェアなどを調べてみました。

総務省の情報通信白書令和 元年版を見ると、スマートフォンの出荷台数はここ数年は横ばい、タブレットの出荷台数は低迷しているとのことです。

スマートフォンの市場規模・出荷台数の推移及び予測

総務省の情報通信白書令和 元年版によると、スマホの出荷台数は、2015年以降横ばい傾向が続いていますが、今後は新興国市場向けを中心に低価格な端末が増加することから、金額ベースでは横ばいないし減少傾向で推移するとみられているとのことです。

タブレット市場規模・出荷台数の推移及び予測

一方、 総務省の情報通信白書令和 元年版によると、 タブレットの出荷台数は、スマホやウルトラブックといった超薄型ノートパソコンなどとの競争等から、コンシューマー向けの市場で世界的に低迷が続いているとのことです。

タブレットのシェア

タブレットメーカーは、apple、Huawei、Samsung、NECレノボ、Microsoft、富士通などがあり、ECサイト(Amazonなど)を見るとタブレットが沢山ラインアップされています。

IDC Japan株式会社によると、2019年2Q(4~6月期)の世界タブレットの出荷台数の上位は、スマホメーカーであるapple、Huawei、Samsungですね。
スマホを販売していないAmazonも上位なのは、Amazonのサービスを利用している人が購入しているためでしょうね。

タブレットのOSのシェア

IDC Japan株式会社によると、2018年のタブレットのOS別の出荷台数は、iOSが43.2%、Androidが40.6%、Windowsが16.2%です。

Windowsのタブレットは使用したことないですが、PCを操作している感じでしょうか。それであるならば、個人的には、薄型のPCを選択した方が良い気がします。

まとめ

タブレットも売れていますが、スマホの1/10ほどです。 タブレットは生活必需品ではないためだと思いますが、一時期よりは売れていないようです。


iPadが販売されたときは、すごい衝撃的な感じでしたけど、最近はインパクトに欠けているような感じがします。
そのため、使用用途が広がれば、タブレットももっと売れるようになるかもしれません。